So-net無料ブログ作成

お願い!ランキングGOLD 第1回ラーメン総選挙





(7月27日)放送の専門家が全部食べて選んだ第1回ラーメン総選挙

全国10店舗以上展開&都内の人気店に参加要請

とんこつvs醤油vs味噌・・・ライバル27店が禁断対決

日本が誇る美味しいラーメンベスト10

選考方法・・・ラーメン専門家43人が実際に食べ各商品100点満点で評価。その総合得点でランキングを決定!

「ラーメン部門」

第1位:(中華そば青葉)特製中華そば850円
・創業1996年
・全国19店(都内10店)
・店名「青葉」の由来は創業者の出身地仙台の青葉区のイメージから
・元祖ダブルスープ(魚介スープと豚骨スープ)
・豚肉を半日以上煮込みベースとなる豚骨スープを作る
・豚骨スープはコクだけが残るように余分な脂は排除
・完成した豚骨スープの中に煮干し・サバ節・かつお節など味の強い魚系のダシを入れ豚骨スープの中に魚介のエキスを抽出
・特製醤油ダレと合わせればラーメンスープの完成


第2位:(一蘭)天然とんこつラーメン790円
・創業1960年
・全国44店(都内11店)
・自称「世界一とんこつらーめんを研究する店」
・30数種類からなる秘伝タレ
・10秒しか茹でない特製生麺


第3位:(麺屋武蔵)武蔵ら~麺1000円
・創業1996年
・都内11店
・ユニクロでお店Tシャツを販売したこともある有名店
・中太縮れ麺×魚介スープ
・業界で誰もが知る名店
・魚介と醤油の香り
・最強魚介スープ・・・アジ干し・煮干し・羅臼昆布・枯節・エビ油(エビの頭・米油・サバ節・かつお節など)など
・絶品角煮は国産豚バラ肉のみ(冷凍の肉は使用しない)


第4位:(蒙古タンメン中本)蒙古タンメン770円
・創業1968年
・全国15店(都内14店)
・自称「辛旨ラーメン日本一」
・オリジナルグッズも存在
・特徴は一味唐辛子をふんだんに使った特製激辛麻婆豆腐
・肉・野菜をスープや特製味噌と一緒に炒め大鍋に移してトロトロになるまで煮込む、炒めて煮る二段調理方法が美味しさの秘密
・定食 特製辛し麻婆と半ライス170円


第5位:(ラーメンけいすけ)黒味噌ラーメン780円
・創業2005年
・全国20店(都内11店)
・店名「けいすけ」は創業者の竹田敬介の「敬介」
・7種類の味噌をブレンドしたものに竹の炭を入れている
・竹の炭は色を黒くするためだけではなく味噌の塩角をとって全体を丸くする
・最大1時間待ちの時も


第6位:(本格中華麺店 光麺)熟成光麺730円
・創業1995年
・全国11店(都内9店)
・東京豚骨ラーメン
・常に一等地に店を構える
・醤油ダレにマッチする臭みがなく味の濃すぎないスープが特徴
・3種類を組み合わせた麺
・12時間かけた特製スープは豚のゲンコツ&背ガラ+豚の頭+鶏のガラをコンクリートミキサーで細かく砕きうま味を最大限引き出している
(鶏のガラを入れることでライトでかつ鶏のイノシン酸がうま味を倍増させるのでかるいけど深みがあるスープになる)
・贅沢感を打ち出した


第7位:(太陽のトマト麺)太陽のチーズラーメン830円
・創業2006年
・全国17店(都内13店)
・トマトを使って健康にもいいし美味しく食べられるラーメンを提供
・濃厚なトマトスープ×ナチュラルチーズ
・具材とトマトソースを炒め特製の塩ダレと鶏ガラでとった白湯スープをあわせトマトスープが完成
・極細の自家製麺をアルデンテに茹で上げる
・残ったスープにごはんをいれるとオリジナルトマトチーズリゾットになる
・名物からあげ(1本)100円・・・ニンニクが効いた骨付きからあげ
・イタリアンじゃがぽ280円
・チーズ揚げ350円


第8位:(どうとんぼり神座)おいしいラーメン650円
・創業1975年
・全国27店(都内3店)
・門外不出のスープの素は社長1人しかレシピを知らない
・透き通ったスープと大量の白菜が特徴
・神座本店は大阪・千日前
・創業者の布施正人は元フランス料理のシェフ
・コンソメっぽい感じのスープの素+醤油ダレ+白菜+ストレートの中太麺
・ニラを加えるのもオススメ


第9位:(つけめんTETSU)中華そば700円
・創業2005年
・全国19店(都内6店)
・店名「TETSU」は創業者の小宮一哲の「哲」
・行列が15mできることも
・特製中細麺
・定番つけ麺より中華そばを好む通も
・丁寧に煮出した煮干しのうま味が一番のポイント
・煮干しのスープ+醤油ダレ+特製中細麺
・刻んだゆずが隠し味


第10位:(喜多方ラーメン坂内)喜多方ラーメン580円
・創業1988年
・全国58店舗(都内33店)
・創業者が福島県にある「坂内食堂」のラーメンの味に惚れ込み直談判してのれん分け
・福島県喜多方市のご当地ラーメン
・太めのちぢれ麺
・醤油+とんこつの絶品スープ
・絶品自家製チャーシュー
・炙り焼豚ご飯セット850円


第11位:(幸楽苑)中華そば304円
・全国518店(都内33店)
・厨房をオートメーション化することで低価格を実現


第12位:(中国ラーメン 揚州商人)スーラータンメン880円
・全国31店(都内13店)
・2000年の発売以来500万食を売る大ヒットメニュー
・酸味のバランスが抜群!酸っぱすぎないさっぱりスープが大好評
・中国四大名酢「鎮江香酢」を使用しマイルドな酸味に仕上げている


第13位:(桂花ラーメン)太肉麺(ターローメン)950円
・全国12店(都内6店)
・ニンニクを揚げて風味を出した香味油のマー油を使うのが特徴
・東京で熊本ラーメンを広めたパイオニア


第14位:(博多風龍)とんこつらーめん500円
・2008年創業
・都内16店舗展開
・濃厚ながら臭みのないスープの秘密①骨は裂くように砕く
・濃厚ながら臭みのないスープの秘密②圧力をかけてスープを抽出


第15位:(東京豚骨拉麺ばんから)角煮 極ばんから1080円
・全国22店(都内5店)
・大量の背脂とこってり豚骨
・4種類の背脂・・・溶けるまでのスピードが異なり時間の経過で味が変化するのでこってりながらくど過ぎないスープになる
・黒脂・・・背脂と醤油を炊きこんだもの
・白脂・・・背脂をニンニク・生姜と炊きこんだもの
・揚げ脂・・背脂をネギと一緒に油で揚げたもの
・ネギ脂・・背脂にネギの香りを移したもの
・角煮は完成まで丸2日かかる


~エントリー(27店 全商品約500)~
・ラーメン青木亭
・味千拉麺
・越後秘蔵麺 無尽蔵
・喜多方ラーメン坂内
・幸楽苑
・札幌ラーメンどさんこ
・太陽のトマト麺
・中華そば青葉
・中国ラーメン 揚州商人
・つけめんTETSU
・東京豚骨拉麺ばんから
・どうとんぼり神座
・豚骨らぁ麺だるまのめ
・とんこつらーめん七志
・とんこつらーめん風風ラーメン
・福しん
・本格中華麺店 光麺
・麺屋空海
・麺屋武蔵
・蒙古タンメン中本
・よってこや
・ラーメンけいすけ
・珍来
・らあめん花月嵐
・一蘭
・桂花ラーメン
・とんこつラーメン博多風龍



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



番外編~餃子が美味しい名店ベスト5~
東京都内のラーメン店から餃子専門家5人が選定!
美味しい餃子BEST5

第1位:(吉祥寺 一圓)焼餃子(5個)450円
・普通の餃子の2倍の重さとか!?
・餃子が大きいので焼き時間は10分
・仕上げにラードを絡めて表面をカリカリに
・拉麺600円


第2位:(木場 宝家)餃子(5個)500円
・手作りで大きめの餃子が魅力的!
・ニラ・長ネギ・ニンニク・ショウガ・煎りゴマ・豚挽き肉・ゴマ油・落花生油・ラードなど
・中華ソバ550円


第3位:(渋谷 麺の坊 砦)砦特製一口餃子(10個)550円
・ニンニクは一切使わない
・柚子胡椒で味わう
・ジューシーさを出すために餡に豚骨スープを入れるのがミソ
・皮もパリパリ


第4位:(渋谷 らあめん渋谷3丁目)手作り焼餃子(5個)500円
・石鍋で焼きパリパリな皮とジューシーな餡が味わえる
・長ネギ・ニラ・キャベツに炒めた玉ねぎがアクセントに
・自家製の食べるラー油でいただくのもオススメ
・渋三ラーメン1000円


第5位:(新橋 タンメンしゃきしゃき)手作り餃子(5ヶ入)450円
・たっぷりの野菜
・噛みしめれば野菜のエキスがギュッと溢れ出る
・蒸し焼き→油で表面に焼き目をつけた餃子



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



「つけ麺・冷やし麺部門」

第1位:(麺屋武蔵)角煮つけ麺800円
・創業1996年
・都内11店
・店内のBGMはジャズ
・創業の地は青山
・魚介のうま味が出たつけダレと完成までに丸2日かかるトロトロ角煮の相性が抜群!


第2位:(中華そば青葉)特製つけめん900円
・創業1996年
・全国19店(都内10店)
・当初は4.5坪で行列が100mできた事も
・ラーメン部門第1位になった特製中華そば同様のダブルスープ
・つけ麺だけに入っている隠し味が七味唐辛子
・自家製の柚子の唐辛子で味の変化を楽しめる


第3位:(蒙古タンメン中本)冷し五目蒙古タンメン850円
・創業1968年
・全国15店(都内14店)
・先代が30年間続けた味を現店主・白根が直談判で引き継いだ
・中本1番人気メニュー蒙古タンメンのつけ麺バージョン
・激辛麻婆豆腐の入ったつけ汁ともちもち感のある冷たい麺
・辛いと冷たいという組み合わせが最高のつけ麺


第4位:(つけめんTETSU)味玉つけめん(豚骨×魚介)880円
・創業2005年
・全国19店(都内6店)
・つけ麺ブームの火付け役
・1号店は千駄木の9席
・昼だけ(午前11時~午後3時)の限定メニュー(一部店舗除く)
・豚骨を長時間煮込んでうま味を凝縮させて魚介のうま味を加えたダブルスープの濃厚こってり味
・麺は太麺で7分ぐらい茹で時間がかかる


第5位:(本格中華麺店 光麺)冷し坦々麺780円
・創業1995年
・全国11店(都内9店)
・濃厚なピリ辛坦々スープと甘辛い特製肉味噌のコラボが絶妙!
・デザートの「魔法のプリン」「杏仁豆腐」も人気


第6位:(中国ラーメン 揚州商人)冷やし黒酢麺880円
・創業1990年
・全国31店(都内13店)
・たっぷりの黒酢が女性に評価


第7位:(中国ラーメン 揚州商人)冷やしタンタン麺880円
・創業1990年
・全国31店(都内13店)
・専門業者に原料である中国ラーメン 揚州商人用のゴマを作って炒ってもらうこだわり


第8位:(ラーメンけいすけ)黒味噌カレーつけ麺890円
・創業2005年
・全国20店(都内11店)
・味噌とカレーが絶妙なつけ麺


第9位:(ラーメンけいすけ)黒味噌魚介つけ麺850円
・創業2005年
・全国20店(都内11店)
・創業者の竹田敬介は元フレンチシェフ
・特製の黒味噌に宗田鰹節・サバ節など風味豊かな魚介ダシをプラス
・添えてあるレモンが味に変化をつけ食べ飽きずさっぱりいただける


第10位:(つけめんTETSU)味玉つけめん(鶏×魚介)880円
・創業2005年
・全国19店(都内6店)
・夜だけ(午後5時~午後11時)の限定メニュー(一部店舗除く)
・鶏肉と魚介のダブルスープ
・中太麺はうどん用×パン用の小麦粉をブレンドしたオリジナル小麦粉を使用
・うどん用小麦粉→モチモチした食感が生まれる
・パン用小麦粉→香りが生まれる
・焼石を冷めてきたスープに入れれば一気にあたたまり最後まで美味しく食べられる
・あっさり味


第11位:(太陽のトマト麺)ぷるぷるトマト添えとろろチーズと夏野菜の豆乳冷麺830円
・創業2006年
・全国17店(都内13店)
・豆乳入りトマトスープ
・炒めたナス&江戸菜
・トマトジュレ
・おくら×ゴルゴンゾーラ入りクリームチーズ×とろろ
・オリーブオイル


第12位:(どうとんぼり神座)つけ麺700円
・創業1975年
・全国27店(都内3店)
・ベースとなるスープはラーメン部門第8位にランクインしたおいしいラーメンにつけ麺風のアレンジを加えたもの
・最大の違いはかつお節
・魚介の香りを加えることでつけ麺らしさを出した
・ゆずのエキスを加えれば爽やかさ満点のつけ麺

第13位:(喜多方ラーメン坂内)和風冷やしラーメン680円
・創業1988年
・全国58店(都内33店)
・器に盛られた自慢のチャーシュー5枚と氷の浮いた冷やし麺の組み合わせ
・かつお節と醤油の効いた和風スープ
・わさびをといて食べるのもおすすめ

第14位:(本格中華麺店 光麺)つけ麺780円
・創業1995年
・全国11店(都内9店)
・特製魚介ダシとうま味と甘みがつまった野菜ペーストのコラボがスープの秘密


第15位:(蒙古タンメン中本)冷し味噌ラーメン770円
・創業1968年
・全国15店(都内14店)
・1番辛いラーメン
・中本特注の激辛一味唐辛子を秘伝の味噌と合わせたつけ麺
・豚骨をベースに野菜や果物でダシをとったスープが奥深さを演出



~エントリー(22店 全商品約420)~
・ラーメン青木亭
・味千拉麺
・越後秘蔵麺 無尽蔵
・喜多方ラーメン坂内
・幸楽苑
・札幌ラーメンどさんこ
・太陽のトマト麺
・中華そば青葉
・中国ラーメン 揚州商人
・つけめんTETSU
・東京豚骨拉麺ばんから
・どうとんぼり神座
・だるまのめ
・とんこつらーめん七志
・とんこつらーめん風風ラーメン
・福しん
・本格中華麺店 光麺
・麺屋空海
・麺屋武蔵
・蒙古タンメン中本
・よってこや
・ラーメンけいすけ



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



番外編~チャーハンが美味しい名店ベスト3~
東京都内のラーメン店からチャーハン専門家が選定!
絶品チャーハンBEST3

第1位(神保町 さぶちゃん)ちゃーはん670円
・カウンターのみ7席
・ポイントは普通のチャーハンより多い醤油

第2位(吉祥寺 野方ホープ)チャーハン600円
・自家製チャーシューとご飯の相性は抜群!
・味の決め手は秘伝のタレ(ラーメンのタレとオイスターソースを混ぜたもの)
・醤油を一切使わないのもこだわりのひとつ


第3位(神保町 伊峡)焼飯530円
・香ばしい醤油の香りがフワッと立ちのぼるシンプルな焼飯
・味の決め手の日本酒が焦げた味を消してくれる
・具材は卵とチャーシュー










2013-07-29 | nice!(0) | 編集

nice! 0

Copyright © テレビで紹介のコレが気になるブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。